暗くデート向きの店だが炭火焼が絶品、恵比寿バー『松虎』

2015/8/13

20150609_104804396_iOS

 

偶然にも知人が働いていたために友人男性と2人で顔を出したのだが、完全に場違いだった。店内はとにかく暗い。雰囲気がめちゃくちゃいいのだが、30代の男性2人がカウンターで隣り合うには少々問題がありそうな気がする。

 

店内中央には炭火焼用の囲炉裏が

席に着きジントニックで乾杯。バーということで酒の味は上々。始めてきたということで一通り説明をしてもらうと、炭火焼が名物なので何かかるく詰まむことにした。乾物類と野菜が目の前に広げられるがとにかく全てが美味しそう。夕食前ということもあり。かなり大量にやらかしてしまったが、その分、一通りを堪能できることとなった。

1品ずつ紹介しよう。

20150609_105652422_iOS

いたうに。

白身のすり身にウニを塗って干したものを囲炉裏でかるく炙って。

口に広がるほのかなウニの香りと、魚介のすり身の旨みが口中に広がる。これは完全に酒が進む味だ。

思わず飲んでいた酒を芋焼酎の水割りにチェンジ。バーなのに焼酎も日本酒もある素敵なお店。

 

20150609_105956970_iOS

そらまめ。

囲炉裏で焼いたほくほくのそらまめをお塩につけていただく。皮が苦手な人は剥いてからがおすすめ。

そらまめの香りは好き嫌いがあるだろうが、私は嫌いではない。ほっくりしたその身とえも言えぬ香りにやはり酒がすすむ。

 

20150609_110149110_iOS

不明(キス?)

囲炉裏で軽く炙った一品。白身魚の乾物を囲炉裏でさっと炙ると、とにかくうまそうな香りが鼻を付く。

たぶんキスだったと思うのだが、失念。

 

20150609_110324501_iOS

まこもだけ

この日一番気に入ったのがこちらのまこもだけ。

きのこの1種で中華料理の炒め物などでは食べたことがあるのだが、これが絶品。

エリンギの様な歯ごたえと、特有の香りが炭火に映える。超おすすめ。

 

20150609_115939508_iOS

しおこんぶ

これが反則的にうまい。表面の白い粒はお塩ではなく旨味成分が結晶化したもの。

この辺りでほとばしる欲求が抑えきれなくて熱燗にチェンジ。

 

20150609_120522944_iOS

ホタルイカ

キモの部分の香りと旨みが、先ほどチェンジした熱燗にぴったり。

ここは本当にバーなのだろうか?

 

20150609_121024505_iOS

ワタ入りのイカ

こちらは大きないかをワタごと干物にしたもの。暖かいうちに口に入れると、濃厚なワタの旨みが舌に絡みつきます。

奥歯で噛めば噛むほど身の旨みも加わって、熱燗で流し込むと恍惚の表情になるでしょう。

 

20150609_121503707_iOS

エリンギ

みてのとおり表面てっかてか、ジューシーな身肉。

歯ごたえもしっかりぷりっぷり。きのこ類はとにかく囲炉裏との相性がいいですね。

20150609_122433589_iOS

しいたけ

にくあつの生しいたけもご覧のとおりジューシーに。

すだちとお塩でぷりぷりの歯ごたえと、ジュワーっと広がる旨みが。

 

20150609_125258427_iOS

 

そんなこんなで食べ過ぎた。

途中、冷やしトマトを頼んだり、まこもだけをリピートしたり完全にバーフードの域を超えてやらかしてしまったが、少量の炭火焼きをちょっとつまみたい時には最高の店だと思う。

ただし、もう一度言っておこう。こちらは店内が暗くデート向きのお店。30代男性同士で行かない事を切に願う。

 

今回のお店

恵比寿バー『松虎(まつとら)』

http://www.matsushita-matsutora.com/matsutora/