海老の味噌がとろけるアヒージョ、スペインバル新宿『サウダージ』

2015/4/28

4

美味しいものが食べたい

例えば何かの節目に、例えば自分へのご褒美に、例えば知人のお祝いに、なにか美味しいものが食べたいという時があるだろう。ご褒美食といえば、寿司、焼肉、イタリアンが定番だが、ふとにんにくを体が求める時がある。

美味しいものプラスにんにくといえば、アヒージョを思い浮かべる人も多いのではないか?

今回は、24時まで営業している使い勝手のいいスペイン料理バルを紹介する。

 

野菜がうまい

5

このお店は一通りなんでも美味いのだが、やはり初めて行く人にはこれだけは食べておけ、というおすすめ料理を食べて欲しい。まずは新鮮な生の有機野菜が付いた、日替わりのカルパッチョ を注文しよう。

魚介も野菜も日替わりや季節で変わるので、行くたびに違った楽しみがある。

そしてカルパッチョよりも、とにかく野菜がうまい。季節に合わせて味が濃い本当の野菜を、新鮮なオリーブオイルとお塩、レモンなどのシンプルな味付けでいただく。

 

アヒージョは季節物と海老両方おすすめ

2

ほたるいか

 

1

かき

 

4

車海老(または天使の海老の時もある)

 

さて、カルパッチョを楽しんだらアヒージョを頂こう。

本日のメニューに載っているアヒージョもおすすめだし、定番のアヒージョもうまい。

私が特におすすめしたいのじは、ほたるいか、牡蠣、海老のアヒージョ。

今の時期はほたるいかが終わったかギリギリか、というタイミングなので、あれば迷わずに注文したい。

あつあつのオイルで煮込まれたそれは、噛むとやけどをするぐらい熱い濃厚なみそと共に口の中に風味が広がる。添えられたバゲット をちぎりながら、よく冷えた白ワインで流し込もう。白ワインは常時グラスでも3種類提供してあるので、店員に尋ねるといいだろう。

大粒でぷりっぷりの牡蠣もうまいし、エビの身の部分を食べたあと頭の付け根の部分にかぶりついて吸い出すみその部分も最高にうまい。どのアヒージョにするかは迷うとして、アヒージョ自体は必ず食べて欲しい。

 

その他一品料理

ラム肉のソーセージもおすすめ。ソーセージというよりもひき肉の腸詰ハンバーグと表現したほうがいいかもしれない。あらびきの身肉にスパイス、極太のソーセージ1本が鉄板の上で焼かれて提供される。

6

ランプ肉もおすすめ。

直接契約で新鮮な良い肉を買い付けている。ただ、日によって仕入れの部位が異なり、必ずランプ肉があるわけではない。岩塩とブラックペッパーで焼かれたシンプルな味付けを、この写真通りのピンク色で味わう。

3

締めのご飯は、あさりのアロースがおすすめ。

また、運がよければ一品料理であさりの漁師風煮込みがあるかもしれない。そちらもおすすめ。

アロースはスペイン風の炊き込みご飯の事で、パエリアよりも水分が多くふっくらと仕上げられる。

あさりの出汁を吸ったお米が織り成す濃厚な旨味、ぜひ味わってほしい。

 

食後は

スペイン料理屋ではあるが、店内はカウンターメインのバルの様な作り。カウンター奥にはずらりと並んだお酒と共に生ハムが一本鎮座している。一通り食事を終えたら、生ハムと好きな酒でゆっくりバルを楽しむのもおすすめ。

生ハムは塊から目の前でスライスしてくれ、手の温度で脂が溶けていく様子を見ながら手づかみでいただく。

7

 

24時まで営業しているので、夜遅くに美味いものが食べたい時には重宝するお店。

カウンターがあるので1人での来訪もできるが、できれば2人で来店して色々な味を楽しんでほしい。

 

 

今回のお店

新宿三丁目『サウダージ』

http://saudade.shinjuku3.com/