あっさり上品な中華の名店、新宿御苑『礼華(ライカ)』

2015/4/17

2015-04-16 11.41.01

 

最近Tanosyを更新していてふと『深夜飯』が多いと気がついた。

一部の熱狂的ファンからは『深夜一時来店OK』タグが好評なのだが、バランスを考えてたまにはおすすめのランチでも紹介しようかと。

 

中華の名店、礼華(ライカ)

新宿御苑には中華の名店が2件ある。四川マーラー豆腐や冬瓜のスープで有名な古月(こげつ)と、今回紹介する礼華(ライカ)

11:30からランチをやっているが、12時までにはもう並んでしまう事が多い。

ランチコースや一品料理もあり、かなり選択肢の幅が多いので、会食や知人とのランチにも使える便利なお店だ。

もちろん、めちゃくちゃうまい。

 

野菜と海鮮の塩炒め

23:40ごろに来店したが店内はすでにほぼ満員、なんとか最後の2人席をGETしてサービスランチBをチョイス、この日は野菜と海鮮の塩炒めだった。

近所のラーメン屋じゃないあきちんとしたお店で中華を食べる場合、塩炒めというチョイスはなかなかオススメだ。

塩炒めという名のとおりシンプルであっさりとした味付けなので、基本となるスープと素材が良く無いと味が家庭料理になってしまう。

 

大ぶりのエビと新鮮な野菜

大きめに切られたパプリカ、ブロッコリー、きゅうり、ヤングコーン、えび、イカ、を炒めたもの。

それにご飯とスープ、漬物とミニ饅頭(甘くない餃子系の方)がついて1300円

下処理された大ぶりのエビがプリプリでうまい。うっすら片栗粉をまぶしてあり、塩味のベースとなるスープの旨みが絡む。

野菜も短時間油をなじませると、これだけ色よくできあがるものなんだと感心。

2015-04-16 11.40.58

 

街中の中華料理屋とは異なり、少し高めで上品なお店であるため、居心地もサービス提供も素晴らしい。

今の時期なら、外のテラス席もおすすめ。誰を連れていっても大満足して頂けるだろう。

たまには、昼間に上質なものを食べると良い。深夜の飯テロだけじゃあ体がかわいそうというもんだ。

 

 

今回のお店

新宿御苑前『礼華(ライカ)』

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13004304/