日本酒と料理のマリアージュを探しに、新宿『日本酒スタンド酛(もと)』

2015/3/26

2015-02-22 13.24.17

 

新宿には日本酒専門の立ち飲みカウンターがある。

常時数十種類の日本酒を取り揃え、1合ずつではなく80mlのガラス酒器で少しずつ、色んな酒を楽しみながら、酒に合う料理を提供する日本酒専門店、『日本酒スタンド酛(もと)』

新宿駅東口から伊勢丹方向へ進みマルイMENがある交差点の角のビル地下1階、新宿駅からだと10分ほど歩く事になる。

 

日本酒に合う料理は想像以上の出来栄え

日本酒がちょっとずつ色々飲めるということで、つまみは数種類程度の簡単なものだと思っていた。

来店してスタンディング形式のカウンターに陣取り、お店のおすすめで何種類も飲みたいと伝え合うえで、カウンター上の黒板に目を移す。全部で20-30種類ほどのつまみが書いてあり、しかも1つ1つが想像するだけで日本酒に合いそうなのだ。

私が一番最初にいただいた酒は、新政のナンバー6。日本酒が好きな人は聞いたことがあるだろうし、逆に詳しくない人はウンチクを聞いたところで邪魔なだけだろうから、詳しくはggrks。

すっきりと上品な味わいで、料理に合わせる食中酒としても素晴らしい酒だ。

最初に頂いたつまみは、アジのなめろう。

2015-02-22 12.18.17

 

なめろうの説明は不要だろう。ネギやゴマやしょうがなどの薬味と一緒に叩いて味噌や塩で味を付ける。日本酒にはぴったり合うつまみだ。

酒は80mlということで、調子よく飲むと3-4口で無くなってしまう。本能の赴くままお任せで頂いた結果、店を出た昼の3時に2人で18杯、ベロベロに酔っ払った陽気なおっさんが出来上がってしまった。

日曜は昼12時から営業しているので、ぜひ昼間からほとばしる日本酒欲を開放したい方は、ぜひ。

さて、続いての酒も新政の珍しいものをチョイス。

新しいカラーシリーズラピス2014詳しくはggrks

2015-02-22 12.33.28

そして合わせるつまみは、昆布締め三種盛り。

淡白な白身とホタテ貝柱が、ほんのり昆布の香りと共に旨みを増す。数回口内で咀嚼してから日本酒を流し込む。

2015-02-22 12.24.08

そうして、日本酒を2人で18杯全て違う種類を頂いてから、締めに小さな坦々鍋を頂いて終了2015-02-22 14.12.48

 

日本酒が好きな人、特につまみと共に頂く日本酒のマリアージュを探したい人は、一度来店することをおすすめする。

ちなみに、店員さんは全員女性で立ち飲みカウンターなので、女性1人や女性2人組でも全然入りやすい。

もちろん、おっさん2人で行って女性店主の日本手話を聞くのもオツだろうが、飲みすぎて何かを勘違いしないようにしたいものだ。

※写真は全てお店の許可を得た上で筆者撮影のもの

 

今回のお店

新宿『日本酒スタンド酛(もと)』

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13111891/