新宿御苑前でジューシーな肉汁ハンバーグランチ

2015/3/23

7

 

このお店の事を知ったのは、良く行くバーのオーナーさんから話を聞いたからだ。

バーという場所は、生きていく上で全く必要のない嗜好品、趣味嗜好について語るには大変重宝できる場所で、美味い食べ物や美味い店を見つけると皆で共有して薦め合ったりするものだ。

新宿御苑前にハンバーグウィルというめちゃくちゃ美味いハンバーグ屋があって、ランチもやっているのでぜひ。そんな話をずいぶん前に聞いた気がした。ある晴れた気持ちの良い昼間、新宿三丁目辺りで時間を持て余しどこかランチは無いか食べログの“行きたい店リスト”を眺めていたところ、この店を思い出したということだ。

 

行ってみたら長蛇の列

さっそく地図を見ながらお店があるという場所まで歩く。少し路地には入るものの、そう苦労することもなく店まで到着。そして、10数人が並んでいた。もうランチの終わりかけという時間だったため自分の番まで間に合うか気になったが、まずは並ぶことにした。

しばらくすると店員の女性が人数確認のために並んでいた我々に話しかける。間に合うか確認したところ、なんと私で最後にランチは終了ということでギリギリ間に合った形になった。並んでいる最中にお茶のサービスがあるのはありがたい。少しは心が晴れるというものだ。

 

店内へ

順番が回ってきて店内へ。

ちょうど鉄板で焼くところが見えるカウンターへ案内され、メニューを渡される。

ランチはもちろんハンバーグ。

ソースはクリーム系、デミグラスソース、柚子こしょうの3種類から選べるということで、一番シンプルに肉が味わえそうなゆずごしょうをチョイス。無料で温泉卵をトッピングできるということで、卵もお願いする。

カウンター越しに焼ける様子を伺っているが、普段ハンバーグという言葉で想像しているものとはちょっと形が違うようだ。例えるならばラグビーボールのような、肉汁を閉じ込めた楕円形をしている。

 

肉汁がたまらない

運ばれてきた皿に乗るハンバーグとソース、それに温泉卵。ハンバーグの下には煮たレンズ豆がしかれている。ここのハンバーグは豚肉100%らしい。岩手県の岩中豚という銘柄豚だけを使用しているとのこと。ナイフを入れると透明な肉汁が溢れ出し、下のレンズ豆が受け止める。

とても上品でふわふわのハンバーグ。誰かが女性的な味と言っていたがそれも納得。

一口食べたところでソースをかけて一口、そして半熟卵をかけて一口、肉汁のしみたレンズ豆も合間に頂きつつ、あっという間に完食。このサイズならもう一つ食べたいぐらいの気分だ。

 

新宿へ来た時には、ハンバーグウィルは要チェック!

ハンバーグウィル

03-3358-4161

東京都新宿区新宿1-3-8 YKB新宿御苑ビル 1F

【ランチ】
11:30~14:30(L.O.14:00)
【ディナー】
17:30~21:00(L.O.20:00)

*予約はディナーのみ可

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13041176/