リアル脱出ゲーム[木曜更新]大人の男遊び

2015/9/24

1

R35東京男子が暇な休日に遊ぶとして、どんな遊びがあるのだろう?

もちろん、酒を飲んでカラオケに行ったり、ビリヤード、ボーリング、映画、という遊びもいいだろう。けれども、大人としては夜飲んで定番の遊びをする以外にも流行りものは一通り押さえておきたい。

今、流行りの遊びといえば、リアル脱出ゲームだろう。

 

遊園地などで開催される大規模な脱出ゲームはただの謎解きなので置いておくとして、都内にはリアル脱出ゲーム専用のスペースや、飲食店の空き時間を活用したスペースなどが数多く出来ている。1チーム6人~10人が1つの部屋に閉じ込められて、みんなで謎を解きながら脱出するという閉鎖空間はとても楽しい。

いわゆるテレビのバラエティ番組であるようなゲームなので、だいたい1時間ぐらいで終わるものが殆ど。基本的に予約をしてから来店することになる。

今回は、そんなリアル脱出ゲームの中で、新宿で開催されていた『トランプ城からの脱出エピソード1 囚われた女王を救いだせ!』というゲームに参加してきたので紹介する。

店内は、ただの空きスペースをパーティションでしきっただけの空間。こちらは6名で事前にe-plusにてチケットを確保済み。別の4名参加の方たちと一緒に10名でプレイすることになった。

ゲームはのストーリーとしては、ここはトランプ城で閉じ込められてしまった、1時間以内にクイーン4人(ダイヤ、ハート、スペード、クローバー)を助け出さないと毒ガスで自分たちも死んでしまう!というもの。店内の壁や床などに書かれたヒントを元になぞを解き、1人ずつクイーンを救出し、最後悪い奴と戦って…という様な流れ。

2

初めは、リアル脱出ゲームなのに閉鎖空間でちょっとショボイんじゃないかと落胆していたのだが、壁に映し出される1時間のカウントダウンを気にしながら10人でなぞを解いていくと、開始3分で没頭。大変楽しい時間を過ごすことができた。

最終的には残り4分6秒を残してギリギリ脱出!これでもこの日2番目の好タイムらしい。

S__17113095

ちなみに、ゲーム中には何度でもヒントをもらうことができるのだが、ちょっと悔しいから我々のチームはヒントをもらったのは1回だけ。

ただ、明らかに違う方向に議論が進んでいると、ゲームマスターの店員さんがヒントを出してくれるという仕組みになっていた様だ。

ゲームが終わって1ドリンクがサービスされて、みんなでワイワイ話をして集合写真をとって終了。

 

渋谷、原宿、新宿あたりで開催されることが多い様なので、ぜひチケットを予約してやってみるといい。

2人などの少人数で参加でも、同じ時間帯を申し込んだ人たちと一緒にチームで参加になるから大丈夫。

もちろん、10人など全員知り合い同士で行くほうが楽しそうだが。

 

リアル脱出ゲームチケット情報

http://realdgame.eplus.jp/