生き方―人間として一番大切なこと/稲盛 和夫

2015/9/23

発売から10年以上が経ち、尚も売れ続ける本がある。時代が変わっても人間が生きる意味は変わらず、なぜ人は生きるのか、彷徨う社会人に人として大切な事を教えてくれる1冊。毎年春頃の新社会人におすすめしたい本ランキングでも毎年上位に出てくるのでR35ともなれば読んだことがあるかもしれません。

[amazonjs asin=”B008BCCLBK” locale=”JP” title=”生き方”]

人生の指針を見失ったり、迷ったりした時に、なぜ自分は生きているのか自分の生きる意味はなんなのかを説く一冊。京セラやKDDIの創業者であり、JAL再建も行った稲盛和夫さんが、仏教や原理原則、信念、善行、惑いなど自身の経験から導き出された答えを込めている。

ビジネス書というカテゴリーではなく、人として大切なことは何なのか?人生に迷った人や、何か人生の節目にある人にはぜひ読んで欲しい1冊。

[amazonjs asin=”B008BCCLBK” locale=”JP” title=”生き方”]

 

カテゴリ: [火曜更新]本