論点思考/内田和成

2015/9/15

グルメ以外の情報も出すようになって3週間目、やはりアクセス数が多い記事はグルメばかりということで若干心配になってきた。

けれども今日は火曜日、R35東京男子におすすめの本を紹介しよう。普段本を読まない人も、騙されたと思った読んでみると良い。

[amazonjs asin=”B009RO867O” locale=”JP” title=”論点思考”]

『論点思考』

普段ビジネスをする上で、簡単な事をものすごく長く話す人がいる。

本人は1から100まで思いの丈を話しているつもりなのだろうが、こちらとしては結局何が言いたいのかわからない。

ビジネスを行う上で重要な『問題解決力』について、実は問題解決にもっとも重要な事は、問題を解決する以前に、問題を発見する事ではないだろうか?

間違った問題を解くことほど、無意味なことはない。むしろ、能力のあるチームが間違った問題を解けば解くほど、本質から離れた方向へ行ってしまうことだろう。

 

論点は何なのか?

これを見つけることができれば、その後の問題解決に近づく。

ある経営上の課題を見つけた時に、その『事象』から何がもっとも解決すべき問題なのか考える、推測する。

その中でもっとも大きな、それさえ解決すれば全体の改善が見込める大きな問題を論点(大論点)として特定し、ほかの枝葉となる小さな問題を置いておいてでも、その大論点の解決に全力を注ぐ。そうすることで、結果的に前へ進む。

 

論点整理の出来ていない人の話ほど、退屈なものはない。

自分の知っていることを5分話したところで、結局論点は何なのか?わからない様な話をするビジネスパーソンは、やはり仕事が甘い事が多い。

そんな『論点』について掘り下げた本が、この『論点思考』だ。

著者が外資系戦略コンサルティング大手BCCの日本代表を務めていたということでコンサル業界では日常で使われる『論点』を、広く日本のビジネスパーソンにも使ってもらおうとまとめた本らしい。

 

要点をまとめることが苦手な人や、自身のビジネス力をアップさせたい人には、本当におすすめの一冊。

 

[amazonjs asin=”B009RO867O” locale=”JP” title=”論点思考”]

カテゴリ: [火曜更新]本